TOPIC | ARTIST

 

 
景井 雅之 / Masayuki Kagei
 
1981年北海道生まれ。
サウンドアーティスト、作曲家、ステージコンポーザー。
 
13歳より見続けた明晰夢の体験を機に作曲を始め、国内外で音楽制作やリリースを行う。
 
14年よりダンスカンパニー「OrganWorks」の舞台音楽を担当し、感性や知性を揺さぶる作品を数多く発表。代表作品『Reason to Believe』がトヨタコレオグラフィーアワード2016にて次代を担う振付家賞、オーディエンス賞をW受賞する。
 
21年 TOKYO2020オリンピック開会式の音楽制作『ダイバーシティ&インクルージョン-和合-』を担当。
 
主宰レーベル「matatabirecords」のプロデュースで、宇宙の感性と人間の感性のバイブレーションを題材にした舞台作品『蟲ふるう夜』、日本人の見えないものを在るとする精神を題材にした舞台作品『残像百景』を発表。
 
作曲活動他、公演やイベント企画運営、音楽プロデュース、音響プランナー、デザイナー等、活動の場は多岐に渡りつつオーケストラのように音楽的な感性を織り成しイマジネーションを奏でている。
 
ACTIVITY

企画・演出作品
matatabirecords企画公演『蟲ふるう夜』『ある星の日』『残像百景』
『朧月夜』
 
舞台作品 作曲・編曲
東京オリンピック2020開会式『ダイバーシティ-和合-
平原慎太郎演出・振付『机の器の机』『TSURA』『Reason to Believe』『聖獣~live with a sun~』BOW!!!』『くちないし』湿りいる/She may be still ill』『えんえん』『WOLF』『Field Note -Room Service-』『SEVEN』『NOCON -テツのツノのサイ-Too Enough Medium
鳥坊主 -柴田智之・東海林靖志 演出・振付『ジロトマッテル』『うちへ帰ろう』『イキノアリカ』
THE36号線 柴田智之・吉本大輔出演『UTOPIA』
鈴木明倫 振付『TENGU』
 
映像作品 作曲・編曲
津村禮次郎出演『象徴の化石』『SAMAYKUR』
平原慎太郎演出・振付『象徴の化石』AETOYTA』『WOLF』
渡部はるか出演『Bahamut
Yoshinori Kikuzawa出演『渦』『KireKire』『AfterGlow』RockOn
二胡とうた凛子出演『朧月夜』『ゆりかごのうた』『星めぐりの歌』
茂呂剛伸出演『JOMON BEATS』
山田裕一郎 Sapporo Short Fest2018 監督賞作品『CHOREOGRAPHER 平原慎太郎の創作
西野正将 監督ドキュメンタリー『ふしあな』
Noriko Kimura『みえないはな』
 
講師
TerraCo.(2020-2021)
 
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCVG2xFG9DJBBuKdFw1MDPjw
Instagram
https://www.instagram.com/kageimasayuki/
   


 

 
凛子 Rinko
 
二胡奏者 / 作詞・作曲家 / 演出家
大切なひとを慈しむ童謡や唄、物語のようなオリジナル曲を奏でる。十代の頃より舞台や映画の世界で、芝居や身体表現で思いを伝えることをはじめる。
2004年二胡の音色に出会い、2014年よりソロでの演奏活動をスタート。 2018年 1st Album「光の環」をMatatabi Recordsよりリリース。
自らが出演、音楽制作、舞台演出、ビジュアル・空間デザインなども手掛ける作品を発表。
現在にかけて、ライブ・コンサート・舞台での生演奏のほかにも、 病院/施設/保育園などへの訪問演奏や、yoga×二胡としてヨガレッスンやイベントでの生演奏など、 魂が喜ぶ様々なご縁に感謝しながら、各地で活動中。
 

 

 
桃源郷オーケストラ / Tougenkyo Orchestra
 
2018年より景井雅之が主宰となり、企画毎にクリエイティブチームを構成し、ライブ・舞台作品の企画・楽曲・映像作品・広告デザインを制作する団体として活動を始める。